FC2ブログ
 Macを使い,車を愛で,映画に涙する男の日記です.実体験を記録しています.どうぞごゆっくり. AIM icumaster
フィリップス ヘアカッター 電動バリカンを修理する QC5380



PHILIPSの電動バリカンの評判が悪い.
しばらく使うとモーターが空回りして使えなくなってしまうとのこと.

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000399689/SortID=16645993/
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9-%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E6%9C%AC%E4%BD%93%E6%B0%B4%E6%B4%97%E3%81%84%E5%8F%AF-QC5380-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B008R52N5K/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

モーターの回転軸と,それを受ける白い部品が外れてしまうのが原因.
おそらく摩耗する部分があり,徐々に噛み合わせがずれてゆくのが原因だろう.

そこで,この部分にテープを挟み,ちょっと刃の部分を持ち上げてやって修理して見た.



おさえているバネを外す.



この白い部分と金属部分の間にテープを挟む.


こんな感じ.セロテープ10枚分ぐらい



横から見るとちょっと浮いているのがわかる



こうすると,モーターの軸が一番外れやすいポジションでもしっかり嵌合して動きが復活する.

これは設計ミスではないだろうか.ほんの0.3mmぐらいのずれでもう動かなくなってしまう.
まあでもセロテープ2cmぐらいで完全に修理できるのでよしとしよう.

スポンサーサイト



 Nonstop Balls App Store で購入したアプリのサポート 根負けを狙うApple



Nonstop Balls  有料バージョンを返品したい。

アップルはイライラさせてなんとか返金させないようにしているとしか思えないなぁ。

このアプリ、まず僕の環境だと音が出ない。
無料バージョンだと常軌を逸したタイミングで広告を見させられるので有料バージョン、「remove ADS」バージョンを買っても、完全に広告を排除できない

そしてゲームオーバーになるタイミングで「広告動画を見ればcontinueできるけどどうする?」メッセージが毎回。

そこでiPhone上で返金手続きをやってみた。

以下iPhoneで購入したアプリの返金・返品方法

1. 設定画面→「Apple ID」→「iTunesとApp Store」
2. 「Apple ID:○○」→「Apple IDを表示」
3. 顔認証または指紋認証後にアカウントページが表示されたら下にスクロールして「購入履歴」をタップ
4. 返品したいアプリの「請求合計」を選択後、請求先の上に表示されるアプリ情報をタップ
5. 「問題を報告する」をタップ後、Safariが起動
6. Safariが起動したら“問題を選択してください”をタップして「このアイテムを誤って購入した」「他のアイテムを購入するつもりだった」などの返品理由を選択

これだけのステップが必要。最初に設定から入る必要があり、さらにAppleIDの画面を出すなんて、ほとんど不可能。
わからないことはネットで検索する癖がついている人でないとまずたどり着けないだろう。





でもこの「問題を報告する」を押しても何も起きない。何もできない。


そこでPCからやろうとしたが、やはり「問題を報告する」リンクが機能しない。。。。。。。。



それでサポートに連絡してみた。いつもいつもひどい対応でまったくイライラする。今まで数百万円分はApple製品を購入しているというのに(笑)


そしてサポートでは「問題を報告するボタンが動かないことか、問題を報告したいのか」と聞かれる(笑)

たった360円、ここであきらめる人が多いんだと思うなぁ。

そして待たされること数分「上司を説得して、なんとか例外対応で今回に限り返金とさせていただきました」

やっぱりAppleもうやめようか。









Topping TP60 OMRON パワーリレー修理の巻 (ソケット追加)





書斎のニアフィールドシステムのアンプをTP60にしてから数年が過ぎた.
このアンプは本当に良く鳴る.
DALI ROYAL Menuet Ⅱ を鳴らすアンプとしては,LUXMAN L-507ux や L-540と区別がつかない.素晴らしい.

快調に聞いていたのだが,先日左のスピーカーの音が詰まるようになった.
スピーカーの音を絞ると,左の音がなにか足りない感じがする.音量を上げるとあるところから正常になる.

これはパワーリレーの接点不良の症状だ.いつものやつです.

冒頭の写真の右下の,透明な直方体が件のパワーリレー [OMRON G2R-2 DC24].これはよくAVアンプとかに使用されるやつである,
どんなアンプも大体リレーはダメになってしまうものだ.L-540は窒素ガス封入金接点リレーだけど,結局数年で同じような症状が出る
どうにかならんもんかと思うけど,ダメなんでしょうね.

OMRONのパワーリレーも,オーディオグレードの物は品番の最後がAULだったりして金接点になっているみたいだけど,いままで金接点で音の違いを感じたことがないので迷いなく同品番のものを選択.

分解していきます.
ボリュームのツマミのイモネジは1.5mmのドライバーでも無理,多分1mm


このナットをラジペンで回してっと




コネクタを数個外せばもう基盤だけになります.非常に簡単.


でもリレーがダメになるたびにアンプを分解して基盤を取り出し,ハンダを吸い取り交換するのはやだなぁ.


ということで,ソケットを購入.




しかし,しかし,間違えた.プリント基板用を購入すべきです(笑) これならサクッと入ります.







しかもどんなに差し込んでも爪がはまらず,最終的には折れる羽目に.


しかしこれで修理は完璧,出音も快調.リレーの接点不良が出てもサクッとリレーだけ交換できる仕様に変身.
気分スッキリでまた音楽を楽しめるようになりました.やったぜ.

しかしこのTP60,CPの高さはおそるべし.でかいスピーカーでなければ文句なし.
Topping TP60 vs Lepai LP-2020A+ (Tripath(トライパス)社 TA2020搭載)


Topping TP60 vs Lepai LP-2020A+ (Tripath(トライパス)社 TA2020 Dgital Amplifier IC 搭載



Topping TP60が書斎のニアフィールドシステム採用のアンプになって2年ちょっとが過ぎた.
最初はLUXMAN L-540に比較してちょっと艶が足りん,とか思っていたが,このシステムでブランドテストした結果差が見出せず(笑)

TANNOYのDC-10TiだとさすがにL-507ux >> L-540  >> TP60 だったが,
Royal Menuet IIだと,3台の聞き分けは僕の耳だと不可能.

ということでTopping TP60は書斎のシステムの中核として君臨していたのだが,

「2万円で40万のアンプとどっこいでしょ.では評判の良い2千円のデジアンだとどうなんだろう」

と疑問が湧いてきたので早速購入.

物は,「Lepai LP-2020A+ (Tripath(トライパス)社 TA2020 Dgital Amplifier IC 搭載」
トライパス社のTA2020の正規品を確実に積んでますよ,というものをヤフオクで購入.

軽い!!!!!TP60はずっしり重いが,これはケーブルの重みだけで浮き上がるぐらい軽い.

早速試してみる.


...............だめだこれ.明らかにTP60より分解が悪いし,なにより気持ち良いい艶っぽい音がゼロ.鳴っているけど,鳴っているけどこれだとつまんない.

L-507uxとTP60の聞き分けは,このスピーカーだと無理だったが,LP-2020A+ とTP60はもう何を聞いてもすぐに違いがわかるレベル.

このシステムではTP60を使い続けることに決定.LP-2020A+ 余っちゃったな.どこに持ってゆこう.

Synology 「USB外付けHDD」へ自動バックアップ「Hyper Backup」設定備忘録
バックアップ作業はアプリとして用意されている「Hyper Backup」を使った.
「ローカル データ コピー」でバックアップ
毎日3:00AM

NAS自体への復元について
「Hyper Backup」の左下の「復元ボタン」から復元を行えます。(Time Machineに似たアイコン)